2017-01-15 17.54.03
兵庫県神戸市、明石市、加古川市、姫路市を中心に不用品回収、遺品整理をしているクリーンアップです。
遺品整理、不用品回収をお願いしたいと考えている方へ参考になる情報を紹介します。
今回は「費用を出来るだけ抑える方法」を紹介します!

ゴミとして捨てられるものを分別する

遺品整理は自分の私物ではなく、自分の両親、または義父、義母などを物を整理するケースが多いのではないでしょうか。
そうなると、どこから手をつけてよいかわからなくなってしまいます。
そこでまず分別したいのが、日常のゴミとして捨てられるものかどうか。

テレビ、パソコン、テーブル、冷蔵庫、カーテン、カーペット、ラジカセ、ドライヤーなどいろいろありますね。
例えば、ラジカセやドライヤーなどであれば、小型家電として集荷場所に排出できる地域の方も多いはずです。

こういったものは遺品整理業者に任せず、まずは自分で処分していきます。
他にも地域のごみ回収に任せることができるゴミは、下記のようなものがあります。

・ぬいぐるみ
・フライパン
・コップ
・電子レンジ
・衣服
・タオル

(*地域によって回収できるものが異なるケースがあります)

こういったものを全て自分で処分することができれば、遺品整理業者に丸々依頼してしまうより費用を抑えることができます。

引越し業者に任せるような考え方をする

遺品整理業者に依頼するときは、できるだけ荷物や不用品を排除してから依頼するのがお勧めです。

遺品整理業者は一つ一つの物に対して値段を選定するのではなく、「どれくらいのトラックに収まるかどうか」という視点で見積もりを出します。

「これぐらいの荷物なら2トンショートトラックぐらいで良いだろう」
「1LDKにそれぞれ荷物があるので、これだと2トンロングトラックぐらいは必要」

などと見積もりを出します。
尚、遺品整理業者も引っ越し業者同様、最初はかなりふっかけるような料金を提示してきます。

「これぐらいだと12万円ぐらいですね」、などと言ってきますが、それをそのまま鵜呑みにする必要はありません。

そういった意見を鵜呑みにせず、平均相場を自分で調べて、「これぐらいの料金じゃないと他に依頼する」など自分の意見を必ず伝えるようにしましょう。

なお弊社では、あらかじめトラックの容量に相当した費用になっています。
どんぶり勘定で金額提示するような業者とは違い、どのお客様にも、回収量に見合った金額を提示させていただいています。

費用は下記ページに記載しておりますので、ぜひご確認ください。

コース料金