127
兵庫県神戸市、明石市、加古川市、姫路市を中心に不用品回収、遺品整理をしているクリーンアップです。
遺品整理、不用品回収をお願いしたいと考えている方へ参考になる情報を紹介します。
今回取り扱うテーマは「悪徳遺品整理業者」です!

許可を得ている業者なのか

遺品整理業者の中でも悪質なところは、そもそも許可自体を得ていないというケースもあります。
まず、遺品整理を行う上で必ず必要になるのが下記2つの許可証です。

・廃棄物収集運搬許可証
・古物商許可証

これらは各都道府県の公安委員会に提出し、許可を得ることになっています。
実際の取得した番号まで記載されていないと、本当に許可証があるか確認できませんので必ず提出してもらうようにしましょう。

遺品整理だけでなく買取を行う場合も、必ずこの許可証を持っているはずです。
古物商許可証は単純に不用品を処分するだけでは必要ないものですが、仮に遺品整理をした際、品物を買い取る場合は、この許可証が必要になります。

引き取る物の扱いについて説明をしてくれるか

ただ単に黙って、不用品としてトラックにボンボン積み込むような業者は怪しんだ方が良いです。
不用品に対し、リサイクルとして取り扱うのか、あるいはゴミとして処分するのかはっきり伝えてくれる業者が良いです。

リサイクル品として扱う場合は、その物の価値があると判断しているわけですから、多少なりとも買い取り額が発生しておかしくありません。

何もかも不用品と依頼者に伝えて引き受けるのは、何か裏があると思った方が良いです。
例えば、比較的新しい家電やインテリアなどは市場価値がまだまだあるもの。

そういったものが全く値がつかないというのはおかしい話ですので、必ず買取を検討してくれる業者を選びましょう。

見積もりが見積もりになっていない

見積もりというのは総額がどれぐらいなのかを事前に提示して、その料金に対し、ほぼ差異がない状態で依頼を受諾することです。

例えば見積もりが3万円となっていて、実際に作業をして判明した業務量や作業形態などもあり、3万5000円程度になることはあるでしょう。

しかし、見積もりが3万円だったのに実際に作業をして8万3000円になった、 10万を超えてしまったとなれば詐欺の可能性が高いと思われます。

こういった業者は見積もり段階で、詳細を教えてくれないことが多いです。
「基本料金がこの値段で、それはまた別」などと言いがかりをつけてくることがあります。

こういった悪徳業者に出会わないためには、詳細な部分まで質問するようにしましょう。

・基本料金はいくらなのか
・作業員が増えると基本料金も増えるのか
・マンションの階数によって料金は変わるのか
・エレベーターの有無によって料金は変わるのか
・住んでいる地域によって料金は変わるのか
・平日土日などによって料金は変わるのか
・時間帯によって料金は変わるのか

このようにしつこいぐらい詳しい料金形態を聞いておくことが重要です。