114

兵庫県神戸市、明石市、加古川市、姫路市を中心に不用品回収、遺品整理をしているクリーンアップです。
よくお客様から「不用品回収業者と不用品買取業者の違い」についてご質問を受けます。
ここではどのような違いがあるのか説明していきましょう。

一般的な不用品回収業者と不用品買取業者の違い

どちらもご依頼主の判断により、不要と判断されたものを見極めていく業者です。
不用品回収業者はその商品の価値に関係なく回収を行ってくれる業者、一方買取業者は査定価格がつかないと判断した場合、引き取り自体を断る業者です。

つまり捨てたいと思って依頼する場合は、不用品回収業者の方が良いということです。
ただ、どれが買い取ってもらえて、どれが買い取ってもらえないのかなんて、一般の方はなかなか判断が難しいです。

そういった場合はまず不用品買取業者に依頼し、買い取ってもらえなかったものを不用品回収業者に依頼する流れになります。

しかしそのような手間を省くべく、弊社は2つの業務を行っています。
買取価格が付くものは金額を提示しますし、買取価格がつかないものは、それはそれで回収して処分致します。

ゴミの回収と査定がいっぺんに両方できると考えていただいて問題ありません。
もちろん買取価格にご満足いただけなければ、買取を辞めるという判断をいただいても結構です。

事前に不用品をお知らせいただくと効率的です

弊社では、事前にお見積もり提示、および不用品のご連絡をいただいています。
不用品の商品名や品番などが分かれば、更に詳細なお見積もりを出すことができます。

そして価値があるものに関しては、買い取り価格を提示することも可能。

回収費と買取額が最初の段階で分かる点が好評頂いています。
もちろん商品の状態を改めて確認し、多少買取価格に変動が出ることはございます。
ただ、大まかな目安としては参考になるはずです。

買取は製造元が重要

買取する場合、「なんでこんなに状態が良いのに売れないの?」と質問を受けることがあります。
弊社ではブランド品以外は基本的に買取が難しくなってしまいます。

例えば、ニトリで購入したソファー。
いくら状態が良くても弊社がニトリの商品を取り扱うわけにはいきませんので、買取することはできません。

お引き受けする場合は、処分するということを前提に受諾させていただいています。
量販店やノーブランドのものは、買取価格がつきにくいとご理解ください。