2016-12-19 10.59.11
兵庫県神戸市、明石市、加古川市、姫路市を中心に不用品回収、遺品整理をしているクリーンアップです。
遺品整理をすると、「どこまで業者が対応してくるのだろう」と悩むものってありますよね。
その疑問について回答していきます。

遺品以外も処理してくれる?

遺品整理を行っている業者は、遺品に関わらず故人のお部屋全体を整理してくれる業者がほとんどです。
一般的な生活用品に囲まれていた方も多いですから、その処理も行います。

不用品は一般廃棄物として処理いたしますし、故人の思い入れのあるものや心のこもったものにに関しては、しっかりと供養を行った上で撤去させていただきます。

遺品整理と不用品回収を同時に行えると考えてよいです。

清掃や除菌はしてくれる?

近年はお年寄りが1人でお住まいの方も増えています。
それゆえ孤独死の件数も年々伸びているのが現状です。

死後数週間、あるいは数ヶ月発見が遅れ、部屋に腐敗臭や菌が漂ってしまうこともあります。
仮に警察などが立ち入ったとしても、処理後の対応は遺族になります。

警察が綺麗にクリーニングするわけではありませんから、遺族が清掃したり、あるいは専門業者にお願いすることになります。

遺品整理業者は整理のみならず、クリーニングをするケースも多いです。
ただし、特殊清掃は行っている業者と行われない業者があります。

特殊清掃とは、遺体が腐敗してフローリングなどへの影響がある場合の対処です。
まずは臭いを除去し、の他に血液や体液の洗浄除去をします。
薬品を使った洗浄を行い、お部屋を元通りにします。

残されたお部屋の状況次第では、特殊清掃も行っている遺品整理業者にお願いしましょう。

契約が残っているものの対応はしてくれる?

故人が将来を察し、あらゆる契約を終了してから亡くなるという方は少ないです。
賃貸契約、携帯の契約、保険の契約などなど。

こういったものに対する処理は、個人情報に関係する部分にあたるため、遺品整理業者は行いません。

ただ、契約書や領収書などの残品から、ご遺族の方に契約が残っている旨をお知らせし、どんな対処をした方が良いというアドバイスはしてくれます。

遺品の供養はしてくれる?

こちらも業者によって対応は異なりますが、合同供養か現場供養か、どちらかを依頼者様が選択する形になるかと思います。

そして現場供養を選択した場合でも、遺品整理業者がお焚き上げまでするケースは少ないです。

お焚き上げとは、物を捨てる前に魂に感謝をし、炎で浄化するという儀式。
こういった供養をする場合は専門業者、あるいは神社などに依頼する必要があります。