2017-02-25 10.43.34
兵庫県神戸市、明石市、加古川市を中心に不用品回収、遺品整理をしているクリーンアップです。

不用品をただ廃品として捨てていませんか?
その不用品が買取できる可能性もあるかもしれません!
是非、弊社でご相談ください!

不用品をただ廃品処理すると・・・

不用品を捨てる場合、神戸市だと神戸市大型ごみ受付センターに電話して処理してもらう必要があります。
当然無料で回収してくれるわけではなく、ゴミの種類によって手数料がかかります。
安いものだと300円、高いものだと1200円かかります。

例えば家庭でよく出るようなゴミは下記のような回収手数料となっています。

カーペット(8畳以下のもの):600円
コタツ:600円
座椅子:300円
三輪車:300円
食器棚(90センチを超えるもの):1200円
扇風機:300円
掃除機:300円
タンス(90cmを超えるもの):1200円
電子ピアノ:1200円
本棚(90cmを超えるもの):900円

このように大きさによって値段が高くなる傾向があります。
しかし、どんなものでもお金がかかってしまうって結構辛いですよね。
捨てるものが多い場合は、最終的に数万円になってしまう人もいるでしょう。

そこで検討したいのが、買取!
まだ使えるものや、希少価値があるものは廃品として処理するのではなく、買取依頼をしたほうがお得です。

例えば、電子ピアノ。
市のゴミ処理センターに依頼してしまうと、使用できるかどうかなんていちいちチェックしていません。

まだ使える状態で、そんなに型も古くなければ1000円、2000円、あるいはそれ以上の価格で引き取ってもらえるチャンスがあります。

不用品の中でまだ使えるものや市場価値がありそうなものがあるなら、ぜひ当社にご相談ください。
単純に回収するだけでなく、買取査定も行っています。

買い取り価格がつきやすいもの

不用品の中でも、買取価格がつきやすいものとつきにくいものがあります。
買取価格がつきにくいものは下記のようなものです。

・すでに多く流通しているもの
・使用頻度が高いもの
・汚れや傷が目立つもの
・元々の値段が安いもの

買った時からすでに格安のセール品だった場合などは、いくら使用頻度が少なくても、なかなか買い取り価格が付くことはありません。

また、安くて多く流通しているものは手に入れやすいため、買い取り価格もつきにくいです。

家にあるもので置き換えて考えると、コップやお皿、フライパンなどはかいとり価格がつきにくいです。
他にもじゅうたんやソファなどは使用頻度によっては、ブランド品でも買取価格が0円となってしまうこともあります。